装备制造

お問合わせ
03-辽宁 装备制造业

装备制造

みらいエネルギー・パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田中 克佳、以下「未来エネルギー」)は、2011年より国内水力発電事業開発を手掛けています。

未来エネルギーが提供する水力発電改修事業に関るワンストップソリューションにより、発電所の改修におけるエンジニアリング(土木設計)、プロキュアメント(設備、資材調達)、コンストラクション(工事施工)に関し、最適な改修事業を設計、実施します。

未来エネルギーは、水力発電事業者と長期的事業共同パートナーとして、発電設備の改修に留まらず、発電事業の支援・拡大に向けたコンサルティングを行うことで、2016年以降に導入が予定される電力市場自由化における発電事業の支援も行います。

2012年に日本では再生可能エネルギーに関する固定価格買取制度が導入され、未来エネルギーは、発電種別では最も歴史があり、また安定した我が国のベース電源である水力発電事業に当初から着目、同事業に特化、現在、全国10箇所にて約100,000kWの水力発電設備の改修事業を推進しています。これは原発の1/10基分にあたり、未来エネルギーでは、さらに水力発電設備の改修、新規開発を行うことで、我が国のベース電源の長期安定化にむけた事業を推進する計画です。

以上

ページトップへ戻る